1000top画面.png

腹圧ベルト付属の高機能モデル

骨盤底筋腹圧測定

●椅子と一体のユニットタイプ

​●腹圧測定機能搭腹圧ベルト標準装備)

●2つのトレーニングプログラム

 ①骨盤底筋強化プログラム➡尿失禁対応

 ②骨盤底筋弛緩プログラム➡便秘対応

寸法:W450×D520×H730mm

​重量:27kg

​消費電力:MAX90W

フィットネスクラブやジム、産後ケア・泌尿器科・整形外科・リハビリの各クリニック、整骨院等の施設に最適

PCと接続してモニタでフィードバック

トレーニング中にPCの画面を見ながら簡単操作。先進的なバイオフィードバック技術により、初めての方にもわかりやすく、効率的にトレーニングを行うことができます。

利用者の症状に応じて、骨盤底筋の『強化』と『弛緩』、2つのプログラムが選べます。尿失禁でお悩みの方には『強化プログラム』、便秘の改善には『弛緩プログラム』が有効です。

腹圧と骨盤底筋の関係は?

体幹トレーニングで最も重要とされている腹圧。実は腹圧は、尿漏れや子宮離脱のリスクファクタ危険因子といわれています。腹圧が大きく上昇すると骨盤底筋の筋力が上昇せず、骨盤底筋を押し下げてしまうリスクがあるからです。

​骨盤底筋は外から見えない筋肉だけに、その強化は専門家の指導の下に行うことが肝要ですが、HnJ-1000に搭載されている「トレーニング時の腹圧の可視化」は、指導者にとって、トレーニングの矯正や修正を図る上でも、大きなアドバンテージになる機能といえます。

​トレーニングは、正しく実施してこそ効果が得られるもの。誤ったトレーニングは、かえって症状を悪化させる危険性がありますので注意が必要です。

White%20Abstract_edited.jpg

お問い合わせ

arrow&v

※パンフレットのご請求もこちらの

​ フォームをご利用ください。

​日本フューランメディカル株式会社

Phone :03-6550-8335

Mobile:070-5454-8599(佐藤)

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
cardiac-pulse-4240338_1920-removebg-prev

©2023Furunmedical-J

​日本ューランメディカル株式会社

〒162-0065 東京都新宿区住吉町4-1-618

Phone:03-6550-8335       info@furunmedical-j.com